住宅ローン借り換え:最新情報!ハウスメーカーがつくった日本住宅ローンってご存じですか? 【住宅ローン・借り換え・金利!住宅ローン・借り換え・金利情報局】より!

住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局へようこそ!

今回の住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局は、住宅ローンの住宅ローン借り換え:ハウスメーカーがつくった日本住宅ローンってご存じですか?についてです。

住宅金融支援機構のフラット35を活用した個人向け住宅融資専門の金融機関(モーゲージバンク)として大手ハウスメーカー等が共同出資して設立されたのが日本住宅ローン株式会社(MCJ)です。

大手ハウスメーカーとは、積水ハウス、大和ハウス、セキスイハイム、住友林業の4社と日立キャピタル株式会社が共同出資しています。

日本住宅ローンは、ハウスメーカーがつくった住宅ローンですので、安心して住まいづくりをしていただくために長期固定金利型住宅ローンになっています。

その特徴は、

1.金利がずっと変わらないのでとても安心です。

2.最長で35年の返済が可能です。

3.保証料は不要で、繰上返済手数料も0円です。

4.様々な資金プランにお応えするため、特約やMCJ頭金支援ローンを用意しています。

5.窓口は、ハウスメーカーなので、お手続きは簡単でサポート体制も充実しています。

6.融資実行後も繰上返済や手続き面で便利なサービスを用意しています。

とても安心できる住宅ローンだと思います。

家を建てようと考えている方は、まず、資金計画として、日本住宅ローンから考えてはいかがでしょうか?

日本住宅ローン←詳しくは

最後まで、住宅ローン・借り換え・金利!住宅ローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。

今後もためになる、住宅ローン借り換え・金利情報をお送りいたしますのでよろしくお願いします!

住宅ローン借り換え:最新情報!住宅金融公庫から住宅金融支援機構へについて【住宅ローン・借り換え・金利!住宅ローン・借り換え・金利情報局】より!

住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局へようこそ!

今回の住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局は、住宅ローンの住宅ローン借り換え:住宅金融公庫から住宅金融支援機構へについてです。

今年の4月1日より住宅金融公庫の廃止に伴い住宅融資支援機構が発足しました。

これからの住宅ローンはどうなるのかというところを考えてみたいと思います。

今までは、住宅金融公庫は、財政投融資を、民間の金融期間は、預貯金を原資として、住宅融資は成り立っていました。

これを直接融資といいますが、これからは、グット住宅ローンなどに代表されるように住宅ローン債権を証券化するモーゲージローンが支流になっていくでしょう。

モーゲージローンとは、融資原資を直接、資本市場(機関投資家など)から調達する住宅ローンのことです。

住宅ローン債権を証券化することで、金利リスク、信用リスク、流動性リスクを分散させ、長期固定で低金利の融資を実現した画期的な住宅ローンです。

今までとは、資金調達のやり方が違うのです。

米国では、すでに全体の6割がモーゲージローンを採用しています。

そう考えると、日本もこれからの支流になるといえるでしょう。

このように住宅ローンの組み方も今まで通りの公庫一辺倒からユーザーが選択できるようなってきました。

これからは、自分にとってどの融資を利用することが有利なのか比較検討を行っていくことが家づくりの成功の大きな一つになりそうですね。 

最後まで、住宅ローン・借り換え・金利!住宅ローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。

今後もためになる、住宅ローン借り換え・金利情報をお送りいたしますのでよろしくお願いします!

住宅ローン借り換え:元利均等返済と元金均等返済について

住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局へようこそ!

今回の住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局は、住宅ローンの住宅ローン借り換え:元利均等返済と元金均等返済についてです。

公的融資で住宅ローンを組んだ場合、元利均等返済元金均等返済の選択が可能です。

また、毎月返済していく場合にはボーナス期の増額返済も選択することが出来ます。

対して、民間の金融機関ではどうなっているのでしょうか。

民間の金融機関で住宅ローンを返済していく場合、基本的に元利均等返済しか選択が出来ません。

変動金利型はすべて元利均等返済を適用されていますし、固定金利特約型で一部の金融機関が元金均等返済を適用しているくらいです。

自分たちに一番合う返済方法を選びたい、ということであれば公的融資を利用したいところですが、住宅ローン借り換えの際に公的融資を選択することはできません。

ですから、住宅ローン借り換えの際には返済方法のこともよく考えてから住宅ローン借り換えを行わなければならないのです。

最後まで、住宅ローン・借り換え・金利!住宅ローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。

今後もためになる、住宅ローン借り換え・金利情報をお送りいたしますのでよろしくお願いします!

住宅ローン借り換え:元利均等返済

住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局へようこそ!

今回の住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局は、住宅ローンの住宅ローン借り換え:元利均等返済についてです。

住宅ローン返済方法の一つに、元利均等返済というものがあります。

これは、元金と利息を合計した返済額が一定になるタイプで、毎月の返済額が一定になるため返済の計画が立てやすい、というメリットがあります。

しかし、この元利均等返済には注意が必要です。

住宅ローンの返済が始まった当初は、利息分の返済の割合がとても高くなっていますので、早めに住宅ローンの借り換えを行うと元金がほとんど減っていない、という状況になってしまうのです。

元利均等返済は、計画的な住宅ローンの返済を行うにはとてもいい返済方法です。

しかし、住宅ローンの借り換えを行おうと思っている方は、返済方法を考え直したほうがいいかもしれません。

最後まで、住宅ローン・借り換え・金利!住宅ローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。

今後もためになる、住宅ローン借り換え・金利情報をお送りいたしますのでよろしくお願いします!

住宅ローン借り換え:ボーナス返済

住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局へようこそ!

今回の住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局は、住宅ローンの住宅ローン借り換え:ボーナス返済についてです。

住宅ローンを借りる際には、ボーナス返済というものが認められています。

これは、会社から賞与が支給される月の返済額を増額するというもので、住宅ローンを組んでいる方であればほとんどの方が利用しています。

しかし、このボーナス返済にも注意が必要なのです。

最近では、ボーナスの支給額が減額、悪ければボーナスカット、などということも仕方ないと言える経済状況となってきました。

当初、住宅ローンを組んだときに見込めていたボーナス返済が出来なくなってしまう、という恐れもあるのです。

ボーナス返済での返済に偏った住宅ローンの組み方をするのは、非常に危険なことです。

万が一の時にはすぐにでも住宅ローン借り換えを行えるよう、常にそれだけの貯蓄をしておくことも、住宅ローンを利用する際には重要なポイントになってきます。

最後まで、住宅ローン・借り換え・金利!住宅ローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。

今後もためになる、住宅ローン借り換え・金利情報をお送りいたしますのでよろしくお願いします!

住宅ローン借り換え:返済負担率

住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局へようこそ!

今回の住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局は、住宅ローンの住宅ローン借り換え:返済負担率についてです。

住宅ローンを利用する際には、各金融機関ごとに返済負担率というものが定められています。

これは、基本的には他の借入金返済額を含めた年間の返済額や、年収の区分などによって決められています。

年収が400万円未満であればその20%以内、600万円までなら30%以内、それ以上になったら35%以内…というように、段階的に返済負担率が定められているのが普通です。

最近では、長年同じ会社に勤めていたとしても年収アップはあまり見込めない、という時代になってきました。

家庭内の年収が下がってしまって、その返済負担率をオーバーしてしまった場合には、住宅ローン借り換えなどによって返済負担率を調整することをオススメします。

最後まで、住宅ローン・借り換え・金利!住宅ローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。

今後もためになる、住宅ローン借り換え・金利情報をお送りいたしますのでよろしくお願いします!

住宅ローン借り換え:返済計画

住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局へようこそ!

今回の住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局は、住宅ローンの住宅ローン借り換え:返済計画についてです。

住宅ローンを組む際には、その住宅ローンの返済が完了するまでの返済計画をしっかりと立ててから利用しなければなりません。

住宅ローンを「借りられるだけ借りる」ということをしていると、返済の途中でリストラや育児のための退職などの理由で、返済が滞ってしまうことが考えられます。

住宅ローン借り換えを行うにも、それだけの頭金が必要になってきますよね。

だからこそ、最初に住宅ローンを利用する際には、自分が毎月どれだけ返済していけるのか、収入のあてははっきりとしているのか、どれくらいのペースで返済していかなければならないのか、などのことを、はっきりと明確にさせてから契約をしましょう。

また、万一の場合に備えて、いつでも住宅ローン借り換えを行えるだけの貯蓄をしておくというのも大事なことです。

最後まで、住宅ローン・借り換え・金利!住宅ローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。

今後もためになる、住宅ローン借り換え・金利情報をお送りいたしますのでよろしくお願いします!


住宅ローン借り換え:収入合算

住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局へようこそ!

今回の住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局は、住宅ローンの住宅ローン借り換え:収入合算についてです。

収入合算とは、住宅ローンを組む際に子供や配偶者の収入も合算して、融資可能額を設定することです。

民間の金融機関では、住宅ローンを組む際にこの収入合算を認めているところがいくつかあります。

この収入合算、最大のメリットはやはり融資可能額の増加が見込めることでしょう。

ただし、この収入というのはパートなどは含まれず、定期的に安定した収入があるということが条件となっています。

子供の教育で妻が専業主婦になった場合や、子供が結婚して家を出ていってしまった場合など、返済が出来なくなってしまうケースもあるというのが、この収入合算のデメリットとして挙げられます。

このような事態はよくあることですので、収入合算を利用する場合は住宅ローン借り換えのことも合わせて考えておいたほうがいいでしょう。

最後まで、住宅ローン・借り換え・金利!住宅ローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。

今後もためになる、住宅ローン借り換え・金利情報をお送りいたしますのでよろしくお願いします!

住宅ローン借り換え:抵当権とは

住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局へようこそ!

今回の住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局は、住宅ローンの住宅ローン借り換え:抵当権とはについてです。

住宅ローン借り換えのとき、問題になってくるのはやはり抵当権のことです。

金融機関同士の問題ですのであまり実感はないかもしれませんが、この抵当権とは一体どのようなものなのでしょうか。

住宅ローンを組む際の担保は、住宅ローンの対象となっている物件そのものです。

しかし、住宅ローンの担保とはいえ、私たちは住宅ローンを組んでいてもその家に住んで暮らしていますよね。

このように、担保を債務者の元に残しておいたまま組み、支払いが滞ったときには債権者がその担保から優先的に弁済を受ける、という権利のことを、抵当権といいます。

住宅ローン借り換えの際の抵当権の受け渡しについては、住宅ローン借り換えを行った本人も立会わなければなりません。

抵当権についての知識を備えて、その場にのぞみましょうね。

最後まで、住宅ローン・借り換え・金利!住宅ローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。

今後もためになる、住宅ローン借り換え・金利情報をお送りいたしますのでよろしくお願いします!


住宅ローン借り換え:金利と返済額の関係

住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局へようこそ!

今回の住宅ローン・借り換え・金利住宅ローン・借り換え・金利情報局は、住宅ローンの住宅ローン借り換え:金利と返済額の関係についてです。

住宅ローン返済中、もっと金利の低い住宅ローンが登場してきたら、みなさんは当然住宅ローン借り換えを行いますよね。

では、先に高い金利で住宅ローンを組んだ皆さんは、それだけ損をしているということでしょうか。

実は、そうとも言い切れないのです。

住宅ローンを組むとき、たとえば年間150万円ずつ返済していくとしますよね。

金利が2.5%で35年返済のとき、皆さんが借りられる金額は3500万。

しかし、この金利が1%でも上がってしまうと、皆さんは同じ条件で3000万円しか借りられなくなってしまいます。

この結果起こるのが、住宅物件価格の引き下げ。

ですから、金利が高い時期に住宅ローンを組んで住宅を購入した皆さんも、あながち損をしている、とは言い切れないのです。

最後まで、住宅ローン・借り換え・金利!住宅ローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。

今後もためになる、住宅ローン借り換え・金利情報をお送りいたしますのでよろしくお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。